MENU
p2_main

着物のお手入れ

着物はお手入れ一つで娘から孫へと永く受け継いで着ることができる、世界でも有数のエコロジーなお召し物です。
しみが付いてしまったときはご自分であまりこすらず、ハンカチ・ティッシュペーパーなどでしみを吸い取る程度にして早目に専門店に出すことをおすすめします。
当店では熟練した一流の職人達が匠の技で、生地・染め・しみに合わせた対処を施し、お客様にご満足いただける仕事をいたします。
丸洗い・しみ抜き・洗い張り・色染め替え・仕立て直し・寸法直しなど、着物のことならなんなりとお気軽にご相談下さい。心よりお待ち申し上げております。

加工料金・加工例

丸洗い・しみ抜き料金表

しみ抜き3,000円~
丸洗い6,000円~
丸洗い・しみ抜き7,000円~

※金額に消費税は含まれておりません。
※料金は、しみ・汚れの程度や職人の手間に応じ一律ではありませんので、ご了承下さい。
※丸洗いとしみ抜きは併用して行うと手間が省かれるため、別々よりも割安になります。

しみ抜き前

しみ抜き後

丸洗い

着物を解かずにそのまま洗うことを丸洗いといいます。
特別な揮発性の溶剤を使い1枚1枚を丁寧に洗い、アイロンで仕上げを行います。機械にかけたりプレスで仕上げをしないため、風合を損なうようなことはありませんので、ご安心下さい。
また、丸洗いとしみ抜きを併用して行うと割安になるのでおすすめいたします。大切な着物を長持ちさせるためにも、是非、熟練の職人を擁する当店にお任せ下さい。

<このようなときに丸洗いをご利用下さい>

  • シーズン着用後、きれいに洗って片付けたい
  • しみはないけれど全体が汚れている感じで、サッパリさせたい
  • 人に譲る前に、一度洗ってから渡したい
  • タンスに入れ放しで、以前着ていたしわや汚れが気になる
  • 冠婚葬祭で着用したが、今後しばらく着る予定がないとき

※着るたびに丸洗いしていただく必要はございませんが、着用時の汚れや全体の薄汚れが気になるとき、またシーズンの変わり目などのお手入れとして、丸洗いをおすすめします。

しみ抜き

「全体的には汚れていないけれど、1度着たときに食べこぼしのしみを付けてしまった」「衿のところがファンデーションでしみになってしまった」
このように一部分のしみだけを取り除く加工をしみ抜きといいます。
気付かず付いた汗・しみ・汚れなどをそのまま長い間、タンスにしまい放しにしておくと、いざ着ようと思って出したら黄変していることがあります。
あまり神経質になることはありませんが、正絹の着物はまず湿気に1番弱くデリケートなので、年に1度くらいチェックを兼ねて風通しをしてあげると良いでしょう。
お見積もりは無料ですので付いたしみは、あきらめずに1度ご相談下さい。
熟練の職人が生地やしみの状態を見て最善の方法を選択し、しみ抜きをいたします。

<このようなシミはお任せください>

  • 化粧品
  • 食べこぼし
  • 汗などのしみ
  • カビ
  • 色やけ
  • 古いしみ
  • 黄変
  • 襟・袖口のしみ

※お見積もりは無料です。上記以外のしみもあきらめず、1度ご相談下さい。
※取れないしみの場合は、手を付けず返品し、加工代金はいただかず、送料のみのご負担とさせていただきます。